TOP > インプラント

インプラント

インプラント
他の治療と組み合わせることで、 
インプラントとは
事故やむし歯、歯周病の悪化などにより歯を失ってしまったときに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工歯をかぶせることで、天然歯の機能性と審美性を取り戻すための治療法です。近年、急速に広まり、一般的な治療となってきました。

歯を失ってしまった場合の治療としては、インプラントの他に入れ歯、ブリッジなどもございます。それぞれの治療には長所と短所があり、お口の状態によっても「患者さまに最適な方法」は変わってきます。患者さまのご希望に、歯科医の見解、治療費等も含めまして、検討していただくことをおすすめしています。

特徴

  • 天然歯のように噛むことができ、審美的にも優れているため、見た目にも自然な状態を再現できます。
  • ブリッジや入れ歯と異なり、一本一本が独立していますので、周囲の歯に負担をかけません。
  • 着脱の必要がありません。自分の歯と同じように「食べる」、「喋る」ことができます。
  • 土台を顎の骨に埋め込みますので、がたつきません。

治療の流れ

1. 診断・治療計画 歯科用CT、レントゲン

歯科用CT、レントゲンなどによって十分な診断の後、治療説明をさせていただきます。

2. インプラントの埋め込み

チタン製の人工歯根を顎の骨の中に埋め込みます。

3. インプラントが顎の骨と結合するのを待つ

インプラントが、埋め込んだ顎の骨としっかりと結合するのに、3~6ヶ月かかります。この間、仮歯を装着していただきます。

4. 人工歯の装着

インプラントと顎の骨としっかり結合したら、上部構造(人工歯)を装着します。

5. 定期的なメインテナンス

身体との適合は上手くいっているか、かみ合わせは問題ないか、ブラッシングは正しく行えているか、などのチェックを行います。

※インプラントには、術後の定期的なメインテナンスが欠かせません。どれだけ見た目に優れていても、機能性に優れていても、人の身体にとって「異物」であることには変わりありません。永く快適に使用していただくためにも、こちらが提示いたします期間内のメインテナンスに、できる限りご協力ください。

当院で行うインプラントの3つの特徴
■安全への『考動』(院内感染対策) 院内感染対策
当院では、高いレベルでの院内感染対策を行っております。 特にインプラント治療などの手術となりますと、感染のリスクが高まります。リスクが高まった場合までを考えた対策を、常日頃から実践しております。
  • 患者さま1人1人ごとに、器具・器材を徹底滅菌いたします。
  • 器具・器材以外の、材質上滅菌できないもの(エプロン・コップなど)は全てディスポーザブル(使い捨て)製品を使用しております。
  • 全自動高圧蒸気滅菌器を用い、器具・機器の保管においても滅菌を徹底しています。
安心への『考動』(歯科用CTなどの最新機器)
当院では、院内設置の歯科用CTを始め、最新の機器を揃えております。機器の性能に頼り切るのはよくありませんが、使用方法を熟知し、自身の持つ技術と高い位置で融合させることができれば、非常に大きな効果を得られます。
日進月歩の機器に負けぬよう、より効果的な使用法の研究にも努めています。
院内にCTがあるメリット
歯科用CT
歯科用CTは、顎を含めたお口周りを三次元的に捉えることのできる機器です。インプラント治療では、埋め込む顎の骨の量を知ることが非常に大切なポイントとなります。

なぜなら「治療のリスクを知る」というのはあらゆる治療においてもっとも大切なことだからです。無理な治療により、高い確率で状態が悪化すると予想されるのであれば、他の方法を探さなくてはなりません。

そういった意味で、「歯科用CTが院内に設置されている=必要なときにいつでも撮影できる」ということは、治療の正確さ、負担の軽減のために欠かせないものなのです。
また、治療前に限らず、治療中にも撮影することができますので、一つ一つの手順の選択をより適切なものにすることが可能です。
生体情報モニター
血圧、SpO2、心電図、体温、呼吸数、心拍数、脈拍数、不整脈検出、STといった生体情報が随時計測可能な高性能モニターを使用しています。

当院で初めて麻酔を打たれる方には必ず「生体情報モニター」での計測を行います。安全、安心の治療のためには欠かせません。
信頼への『考動』(インフォームドコンセント) インフォームドコンセント
一般的な「インフォームドコンセント」は、「説明と同意」を意味します。
当院では、より患者さまに寄り添ったインフォームドコンセントを目指しております。歯科医師が中心となり、患者さまに携わる全てのスタッフを立ち会わせ、十分な説明をさせていただきます。

また、説明を受けられるのは患者さまだけに限らず、ご家族の方、その他ご希望される方と一緒に受けていただいてかまいません。信頼の置ける方と一緒に聞いていただき、一緒に不明点をぶつけていただければと思います。

万が一、こちらの説明だけでは十分に納得できない場合は、他の医療機関に意見を求められても結構です。そのことが当院での治療を不利にすることは決してありません。
当院がお約束する、3つのこと
①十分な時間を費やし、患者さまのお気持ちをお伺いします。
②最適な治療のため、患者さまと一緒になって考えます。
③わかりやすい説明を行い、不明点は調査・学習し続けます。

他の治療と組み合わせる新しいインプラント治療

インプラントは、その強固な独立性ゆえ、自然の歯と変わらぬ強さを持っています。そのため、口腔内の一部にインプラントを打ち込み、他の術法と組み合わせることで、相乗効果を得られる場合があります。
数本のインプラントで入れ歯を支える
入れ歯を支える天然歯が少なければ、入れ歯の安定感は失われてしまいます。そこで、数本のインプラントを埋入し、その上にマグネットなどで入れ歯を固定すると、安定感が飛躍的に向上します。
インプラントは、「独立した一本の歯」として優秀なだけではなく、入れ歯やブリッジを支える役割を担うことができるのです。
インプラントと入れ歯とセラミックのコンビネーション
インプラントが適した部位、入れ歯が適した部位、補綴治療が適した部位が混在している場合、かみ合わせを中心としたお口の状態をトータルに考慮し、それぞれに適切な処置を施します。
全てインプラント、全て入れ歯、と安直に治療を行うのではなく、かみ合わせや残存歯の生かし方を熟考し、お互いがお互いを支え合い、快適さが長持ちする治療を行います。
インプラント治療専門サイト
072-861-7788 メールでのお問い合わせはこちら