TOP > 歯周病

歯周病

歯周病の治療
「痛くなってから治療」が通用しない、静かに進行する病気。 定期的に歯科医院でプラーク除去を行いましょう。
歯周病とは
日本における成人のうち、軽度の方も含めると、約80%が歯周病だといわれています。歯周病は単なる「加齢による歯ぐきの衰え」ではなく、遺伝、生活環境によっては20代から進行します。
主な原因である「プラーク」は、「歯周ポケットが深くなることで一層溜まりやすくなり、さらに歯周病の進行が早まる」という悪循環に陥ります。そして重度となると歯槽骨(しそうこつ・歯を支える顎の骨)が溶け始め、最悪の場合には抜け落ちてしまいます。
歯周病
歯周病が恐ろしいのは、進行に痛みが伴わない、という点です。「痛みや出血などの症状が現れてすぐに歯科医に行ったのに、すでに重度の歯周病だといわれた」ということがよくあります。
「痛くなったら歯医者に行く」が通用しない病気です。3ヶ月に一度の定期検診に通いながら、予防・治療を行うのが望ましいでしょう。自覚症状が現れていない方も、一度受診されて歯周組織の状態をチェックすることをおすすめします。

以下の症状が現れている方は、早期に受診してください。
  • 歯がぐらつく
  • 出血がある
  • 口臭が気になる
  • 朝起きたとき、口内がネバついている
  • 食事のときにものがよく挟まる
歯周病治療
歯周病が疑われる場合は、歯周病検査を行います。必要ならレントゲン撮影やCT撮影を行い、歯槽骨を含めた顎の骨の状態を確認し、そののち、プラークの除去を行います。

歯周病の主な原因はプラークですので、プラーク除去により治療・予防を同時に行うことができます。
歯間、歯周ポケット、奥歯の裏側まで、普段のブラッシングではきれいにできない箇所を中心に、専用の器具を用いてクリーニングします(スケーリング、ルートプレーニング)。炎症の抑制・予防の効果が期待できます。初期歯周病の治療が上手くいくかどうかは、ここでの処置に非常に大きな比重がかかっています。

歯周病の治療には、ある程度の期間が必要です。歯科医院での治療はもちろん、患者さまご自身の毎日のブラッシング、ケアも大切です。患者さま1人1人に合った指導をさせていただきますので、ご協力ください。
歯科医院で行うプロフェッショナルケア
072-861-7788 メールでのお問い合わせはこちら