TOP > 予防歯科、歯のクリーニング、かみ合わせ、顎関節症

予防歯科、歯のクリーニング、かみ合わせ、顎関節症

予防歯科
定期検診、PMTC、毎日の正しいブラッシングが基本です。 かみ合わせの悪化は、身体全体に悪影響を与えます。

予防歯科・歯のクリーニング

予防歯科
むし歯にしろ歯周病にしろ、かなり進行してしまってから受診される患者さまがいらっしゃいます。「痛くなかったから」、「我慢していた」ということなのですが、主観的な痛みの感覚は、必ずしも病気の進行具合と比例しません。

特に歯周病は、ほとんど痛みなく進行してしまうので、「痛くなってから『すぐに』診てもらったのにかなり進行しているといわれた」という症例が多々あります。最悪の場合は、「抜歯しか手がない」という状況にまで陥ることがあります。
痛みのない早期に発見することで、治療規模もより小さくできます。削除量はもちろん、痛みも抑えられます。

どれだけまめに手入れをしていても、むし歯や歯周病になってしまうことはあります。しかし、そのリスクを抑えることは可能なのです。
当院では、
  • 3ヶ月に一度の定期的な検診
  • PMTC
  • ご自宅でのブラッシングの指導
に力を入れ、むし歯と歯周病の予防を徹底し、トラブルを最小限に留めるお口の環境作りを行っていきます。
3ヶ月に一度は定期的な検診を ―「3ヶ月」の根拠―
むし歯や歯周病の原因となる細菌は、歯科医院での専用の器具を使ったクリーニングで、きれいに除去できます。次の定期検診までは患者さまご自身でブラッシングなどのケアを行っていただくわけですが、その間、どうしても口内細菌量というものは少しずつ増えていきます。ご自宅でのブラッシングには、やはり限界というものがあるのです。

歯科医院でのクリーニングによってほとんどゼロになった細菌量が、一定の値にまで達して、むし歯リスク、歯周病リスクが一気に高まる時期――その時期というのが、よくいわれる「3ヶ月後」なのです。
毎日歯科医院に通うわけにはいきません。3ヶ月に一度の定期検診で、効率よくむし歯予防、歯周病予防を行い、生涯治療回数を減らしましょう。
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
PMTC
ご自宅のブラッシングでは届かない歯間、歯周ポケット、そして歯面の汚れ(ステイン)、歯垢(プラーク)、バイオフィルムの除去をプロの手で徹底して行います。
定期的にPMTCを行うことで、むし歯や歯周病に侵されにくいお口を手に入れることができます。

専用の器具とペーストを用いて、歯の汚れ、黄ばみ、タバコのヤニなどを除去します。プラークを除去することで、歯ぐきも引き締まる、痛みなく気持ちのいいクリーニングです。

○主な効果
  • 歯面の汚れを除去し、プラークの付着を防ぎます。→むし歯予防、進行抑制
  • プラークの除去は、歯肉炎の改善にもつながります。→歯周病予防、進行抑制
  • 歯質強化の効果があります。→むし歯予防
  • コーヒー、紅茶、ワインなどによる汚れ、黄ばみ、タバコのヤニの除去ができ、光沢のある歯面を実現します。→審美的効果
ご自宅でのブラッシングの指導
ご自宅でのブラッシングの指導
定期検診と定期検診の間、お口の健康は「毎日のブラッシングにかかっている」といっても過言ではありません。歯科医院できれいにしたお口の環境を、次回の定期検診まで保つことが重要です。
患者さまのお口の状態によって、指導するブラッシング方法も変わりますし、それ以外のケアが必要な場合もあります。当院では、患者さま1人1人に合ったブラッシング方法、ケア方法をしっかりとお伝えしております。

また、「どういったブラシを使ったらいいのか、分からない」など、ブラッシングのことで困っていること、迷っていることがあったら、院長、衛生士、助手、どちらの者でも構いませんので、お気軽にご相談ください。
072-861-7788 メールでのお問い合わせはこちら